メルカリ、今度は84億円の大型資金調達

フリマアプリのメルカリ、今度は84億円の大型資金調達——評価額10億ドル超の日本発ユニコーンに

記事によると、

メルカリは3月2日、三井物産、日本政策投資銀行、ジャパン・コインベスト投資事業有限責任組合および既存株主のグロービス・キャピタル・パートナーズ、World Innovation Lab(WiL)、グローバル・ブレイン、経営陣を引受先とした第三者割当増資による総額約84億円の資金調達を実施したことを明らかにした。
メルカリが外部から調達した資金は合計126億円に上る。

国内勢から84億円調達した、とのこと。
しかも、すでに月間の流通額は国内で100億円超だという。
サービスインから3年で月100億、
年換算で1200億円の規模感とは、相当なスピード感ですね。

ちなみにCtoCの主要どころの年間流通額をまとめてみると、
ヤフオク・・・8000億円
メルカリ・・・1200億円
フリル ・・・100億円(くらい?)
3社だけでもすでに1兆円ちかい。。
個人対個人なので、その取引の間には
メーカーが入る余地はない。

つまりCtoCが拡大するにつれ、
メーカーはこのままではきびしくなる一方ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする